ぐんまの家設計競技案 奨励賞受賞



▼CONCEPT
地球への配慮
地球環境の悪化が叫ばれる中、本当にそれを改善してゆく力となるのは上からの大きな力だけではありません.小さな単位、一人一人の小さな努力、意識の積重ねこそが改善への大きな原動力となってゆくはずです.この提案はこのような視点から発想されたものです.

この計画はこの一帯を以前あったと思われるような地形とし、より自然な状態に近い地表を回復することから出発しています.通常行われるような平面的で画一的な宅地用の造成はせず、それぞれの敷地はやわらかくうねった自然な地形の上に設定されています.

駐車スペ−スはピロティとして建物下部へ取込み、主な居住空間を2階へ持上げて1階をコンパクトに収めています.これによって多くの地表面を確保し、緑化面積を増やしてより自然な環境を創り出すことを意図しています.このようにして得られる快適な環境、緑あふれる景観がこれから建てられる周りの住宅を触発し、この地域全体が緑あふれる住宅地域となることが期待されています.
地域への配慮
それぞれの建物は敷地の中央付近に配置されています.敷地内の建物以外の外部空間は単にその家の庭としてにとどまらず、向いの家、隣りの家の外部空間と一体となった領域を形成します.北東側、県道との境には防音、防風のための樹木が連続して植えられ、敷地内道路際は自然公園の中の家々といった環境を創りだします.

ピロティとして建物下部へ取込まれた駐車スペ−スには通路から連続して枕木が敷込まれ、より自然な印象を与えます.そしてこのピロティを含めた外部空間は子供たちの遊び場や屋外パ−ティ、ガレ−ジセ−ルなどさまざまな楽しみを与えてくれます.このようなことから住民に共同体意識が生まれ、地域一体となった環境作りが行われていきます.
家族への配慮
建物は4棟がそれぞれ敷地の大きさに準じた規模をもち、様々な家族が自分たちに見合った家を選択できます.構造は在来木造の持つ特徴を活かし単純で丈夫な、開放的で合理的な架構とし将来の住い方の変化に対しても柔軟に対応できるものとなっています.平面は階段を含む吹抜を中心に構成され、一階と2階を立体的に結び付けています.またこの吹抜空間は老人や障害者のいる家庭や将来的な高齢化に対してホ−ムエレベ−タ−が設置可能なスペ−スとなっています.このようにして生活や家族構成の変化に対応し、幾世代にも受継がれる寿命の長い家をめざしています.
建物への配慮
四棟は環境、四季の変化を受入れ、自然と共生し、
また省エネルギ−化のためにいくつかの特徴を持っています.

・登り梁架構により深い庇は夏の日差しをさえぎり、外 壁を雨水から守ります.
・2階のひじ掛け窓の外部のすのこ部分は1階部分に対 しては霧よけとなり開口部を守ります.
 また2階の窓や妻部分のはめころしガラスのメンテナンス用の足場や空調機置場としても機能します.
 そして家々の工夫で植木鉢が置かれ、人々の心をいやします.
・吹抜部分は屋根を突抜けて光の塔となり建物の奥深くまで自然光を届けます.
 夏季は排気塔として室内の熱気を排出し、冬季は1階の床にダイレクトゲインとして蓄熱され、
 また上部に集った暖かな空気は居室部分に送られます.
・開口部の外側はル−バ−が組み込まれた引き戸が設置され、
 引戸の開閉と可変ル−バ−の2重構造で通風、遮光、断熱を細かく調整可能にし、
 四季折々の気候に対応します.
・それぞれの家のカ−ポ−トの地下部分には雨水槽が設けられ中水として利用されます.
 また夏季には散水に利用され、気化熱の効果で一帯を冷却し、涼しい風を室内に送り込みます.






▼Outline
敷地住所 群馬県前橋市
敷地面積
建築面積
延床面積

審査委員 内井昭蔵  建築家

主催者  群馬県主催

種類   公募による競技
提出件数 165件
審査   2000年10月17日〜23日

 
  NEOTIDE Architects Inc. Copyright (C) 2003 NEOTIDE ARCHITECTS Co.,Ltd e-Mail:house@neotide.co.jp