第7回都市住宅プロポーザルコンペ
中庭に面したアルコーブにはベンチが設けられ周囲自然と融合してより豊かな生活感が生まれ
南面のブリ−ズ・ソレ−ユは夏の日差しや強い西日を防ぐと同時に各住戸のプライバシ−を守ります。

空のリビングと大地のリビング(2タイプの住戸)は『空中である利点を活かし、開放的な空間』と『地熱効果で夏涼しく、冬温かな空間であり、草花を身近に感じる』親水的な空間です。



▼CONCEPT
緑化された中庭を囲むコの字型のサイトプラン
【中庭を囲むコの字型のサイトプランです】
 これにより部外者の進入がしにくくなり、住民が安心して過ごせる場を提供でき、住民たちの共有意識が高まります.
【中庭は緑化されます】
 車路部分には十分な耐圧強度を持つ芝生保護材を敷いて芝生が植えられ、植栽と合せて全体が緑におおわれます.
【ピロティ、ドライエリアの吹抜、ベンチのあるアルコ−ブが中庭空間にゆとりを与えます】
 そして緑化された中庭がそれらの隙間から見える周囲の残された自然と融合してより豊かな生活感が得られます.

PC板によるブリ−ズ・ソレ−ユ
・南面の開口部及び中庭に面した開口部にはPC板によるブリ−ズ・ソレ−ユを設置します.
 これは夏の日差しや強い西日を防ぐとともに、外部から各戸の内部を見えにくくし、
 プライバシ−を守るスクリーンの役目も持っています.
 そしてそれぞれの住戸が植栽などで飾られ、中庭や周囲に対しいきいきとした表情を生み出します.

空のリビングと大地のリビング(2タイプの住戸)
・住戸は空(2階)にリビングを持つ住戸と大地(地下)にリビングを持つ住戸に分けられます.
 「空のリビング」は空中である利点を活かし、太陽の光をいっぱいに浴び
 木々のそよぎを聞き、風が通り抜けて行く、開放的な空間です.
 それに対し「大地のリビング」は地熱の効果で夏涼しく、冬温かな空間であり、草花を身近に感じ、
 そばを流れる丸子川のせせらぎや水鳥のさえずりが聞こえる親水的な空間です.
 「空のリビング」は4.3m「大地のリビング」は3.0mと十分な天井高を確保しており、ゆったりとした生活感を演出します.



▲ドローイング1

▲ドローイング2



▼Outline
敷  地:東京都世田谷区尾山台(1,077.68平米)
建築面積:430.68平米
延床面積:1,397.39平米
審査委員:早川邦彦,元倉眞人,川村藤夫
主  催:(株)キーワード
種  類:公開プロポーザルコンペ(登録件数440件)
提出期間:2003年12月11日(1次審査)
最終審査:2003年12月18日(2次審査)
 
  NEOTIDE Architects Inc. Copyright (C) 2003 NEOTIDE ARCHITECTS Co.,Ltd e-Mail:house@neotide.co.jp