コーポラティブ・ハウスとは・・・
コーポラティブ方式は、一言でいうと『集合住宅を共同購入する仕組み』です。入居される方々が土地の取得や設計・工事の発注を直接行い、自らの住まいづくりに直接関わり、創りあげていくという方法です。間取りや内装、共有部分など打合せを積み重ねながらプロジェクトが進行していきます。
 
東京都世田谷区 桜新町ロウハウス
4戸のメゾネット住宅(コーポラティブ方式)内外打放コンクリートによりローコストを実現。グレーチング階段が自然光を最下階まで届けます。高い開放性を持つ南開口部はグレーチング庇が日差しを和らげます。
Data:写真,図面,模型写真

プロデュース:アーキネット

東京都世田谷区 QUADRIFOGLIO
スケルトンを前提条件とし、各戸がインフィルを決定するコーポラティブ方式。4戸のメゾネットが連続する長屋形式で内部光庭が地下まで光を届ける空間構成は各戸同じですが、住まい方は4戸それぞれちがいます。
Data:写真,図面
プロデュース:アーキネット

 

 
 
  NEOTIDE Architects Inc. Copyright (C) 2003 NEOTIDE ARCHITECTS Co.,Ltd e-Mail:house@neotide.co.jp